賢友流の由来とあゆみ

賢友流は昭和14年に友寄隆正が創流したもので、伝統の古さにおいては斯界の名門の一つに数えられています。
摩文仁賢和先師が糸東流創称(昭和8年)するに当たり、その最高弟として流業に著しく貢献する。
隆正は更に研究を重ね大いに悟るところがあり、自己の研修せる技法を組立てるに至った。
賢和老師はこれを認可、一流を許した。流名は摩文仁賢和の「賢」をいただき、友寄の「友」を組み合わせて、その拳法を賢友流と命名する。

西暦 和号  
1905年 明治38年 友寄隆正、沖縄県国東群崎本部にて出生。
1910年 43年 6才頃、伊江島にて、新垣翁、阿波根翁両氏に手を習う。
両氏は隆正の親戚筋にあたり、出かせぎで福建省に渡り、南派拳の心得あり。
1919年 大正8年 15才頃、那覇に渡り、宮城長順老師に3年間師事。
1923年 12年 19才の時上阪、近辺の青少年を集め、研究を重ねる。
1927年 昭和3年 摩文仁賢和老師上阪、師事をうける。
1930年 5年 堺市で唐手道場を持つ。26才
1934年 9年 大阪市西成区梅通りに道場移転。30才
1937年 12年 大阪市城東区今福に道場移転。33才
長男 隆一郎誕生。
1938年 13年 岸和田にて、本部長基老師の研究会に参加。
1939年 14年 賢友流創立。(門下生に河村 優氏、立命館出身・渡辺 勝氏、近畿大学出身者等がいる)京都武徳殿にて演舞。
1944年 19年 第二次世界大戦、朝鮮へ出兵。40才
38度線を越える際、命がけの数々の経験を重ねる。
この折空手の真髄を見出す。
1945年 20年 11月帰国
1946年 21年 沖縄県人城東支部の集会所に道場を置く。
1949年 24年 大阪市西成区の国場幸盛宅に空手指導に行く。
1953年 28年 賢友流本部道場を現在地今福西2-14-2に置く。
1959年 34年 長男隆一郎 第三回全日本学生空手道選手権大会個人優勝。
1965年 40年 賢友流宗家代表に長男隆一郎。
1977年 52年 開祖隆正逝く。享年73才。
第二代宗家に隆一郎継承。本部道場再建。
1979年 54年 記念大会開催。アジア大会参加。
1980年 55年 指導の為渡ブラジル。
1982年 57年 指導の為渡ブラジル。後援会発足。
1983年 58年 10月1日開祖七回忌法要。宗家研究の為渡中。
1984年 59年 研究の為渡台。記念大会開催。
1986年 61年 指導の為渡伯(ブラジル)
1989年 平成元年 開祖十三回忌法要
創流50周年記念大会開催。
1991年 3年 本部道場改築。
1992年 4年 宗家、(財)全日本空手道連盟公認八段位。
1993年 5年 開祖十七回忌、ブラジルにて賢友流世界大会(渡伯)。
1994年 6年 創流55周年記念大会開催。
1995年 7年 パンアメリカンユニオン賢友会発足。
1996年 8年 指導の為渡伯・イタリア賢友会発足。
1997年 9年 宗家、(財)全日本空手道連盟一級資格審査委員就任。
1998年 10年 指導の為渡イタリア。
1999年 11年 第45回賢友流空手道国際選手権記念大会。
2000年 12年 大阪市空手道連盟、中国上海、福州武術研究訪中。
2001年 13年 第47回賢友流空手道全国選手権大会。
2002年 14年 第48回賢友流空手道全国選手権大会。
2003年 15年 第49回賢友流空手道全国選手権大会。
2004年 16年 創流65周年第50回賢友流空手道国際選手権記念大会。
2005年 17年 指導の為渡イタリア。
スリランカ賢友会発足。
2006年 18年 スペイン賢友会発足。
2007年 19年 第53回賢友流空手道全国選手権大会。
2008年 20年 第54回賢友流空手道全国選手権大会。
2009年 21年 創流70周年第55回賢友流空手道国際選手権記念大会。
2010年 22年 第56回賢友流空手道全国選手権大会。
2011年 23年 第57回賢友流空手道全国選手権大会。
2012年 24年 第58回賢友流空手道全国選手権大会。
コロンビア賢友流会天理道場開設。
2013年 25年 第59回賢友流空手道全国選手権大会。
2014年 26年 第60回賢友流空手道全国選手権大会。
2015年 27年 第61回賢友流空手道全国選手権大会。





戻る(Back) トップページ(TopPage)

当ホームページについてのお問い合わせは 
E-Mail: webmaster@kenyuryu.com までお願いします。

Copyright (C) KENYURYU KARATEDO All Rights Reserved.